「三角比の二次方程式の解」をClassPad.netで自動計算

「方程式の解」と同様に、ClassPad.netでは「三角比からなる二次方程式の解」もsolve()コマンドを使って解を求めることができます。

問題

\( \sin^2 \theta + \sin \theta – 2 \) の解を求めましょう。ただし、\( 0^{\circ} \le \theta \le 180^{\circ}\) とします。

計算手順

解説

まず注意したいのは \( \sin^2 \theta \) の入力方法です。教科書では \( \sin \) の後ろに指数がきますが、ClassPad.netではこの書式には対応していません。ClassPad.netでは \( \sin(\theta)^2 \) のように入力します。

三角関数から成る方程式で角度を求めるにはsolve()コマンドを使います。また、代入演算子”|”を使って求める角度の範囲を \( 0^{\circ} \le \theta \le 180^{\circ}\) とします。

それぞれのコマンドの使い方については以下のページをご覧ください。

求めた角度が「弧度法」で表示されてしまう場合は、計算を実行する前に「角度」の設定を「度数法」に変更します。

Related Posts